AGA対策となるおすすめの運動と期待できる効果

AGA対策となるおすすめの運動と期待できる効果

AGAと呼ばれる男性型脱毛症。抜け毛が増えて薄毛が進行していると感じている人は、早めの対策が重要です。実は、運動が薄毛対策としてとても効果的だということをご存じでしたか?有酸素運動をすることで、なぜAGAにも効果が生まれるのか?その理由をとオススメの方法を3つの側面から紹介します。

AGA (男性型脱毛症)対策に運動が効果的

AGAにお悩みの方がまず思い浮かぶ対策と言えば何でしょうか?

・「育毛剤やシャンプーを試してみる」
・「頭皮マッサージや生活習慣を改善する」
・「専門クリニックでの投薬治療」

このようなかんじだと思います。実はここにもうひとつ。

AGA対策として、運動が効果的だと言われていることをご存知でしたか?

でも運動と言えば、ついついおっくうになりがちですよね。

ここで運動によって、AGAや抜け毛の予防につながる理由を紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

有酸素運動を行うとよい

運動はAGA対策に良いと前述で説明をしましたが、運動であれば何でもAGAに効果があるというわけではないようです。運動の中でも、とくに有酸素運動が効果的とされています。

ジョギングやウォーキングなど、長時間にわたって軽い運動を行うことを有酸素運動といい、AGA対策の他にも体内の糖質や脂肪を消費するためダイエットにも効果的です。

有酸素運動がAGA (男性型脱毛症)対策になる3つの理由

なぜ有酸素運動をすることがAGA (男性型脱毛症)の予防や対策として効果的なのか?その理由は主に3つあります。

1. 運動をすることで血行が促進される
2. 薄毛の原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の排出
3. ストレスによる抜け毛の防止

体を動かすことで得られるこの3つの効果によって、AGAの予防につながっているというわけです。では、3つの理由を解説していきます。

男性が運動をしている

その1. 運動による血行の促進

運動の中でもジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を行うことで、全身の血行を良くします。

そしてカラダ全体と脚の筋肉を多く使う運動により、全身の血の流れが改善されます。

それによって頭皮へも血液が行き渡りやすくなり、発毛を促し抜け毛を予防しやすくなるのです。

でもここまで読んで、ちょっとあれ?と思った方もいるのではないでしょうか。抜け毛予防のために血行の促進は理解できるけど、どうして全身の血行?と思いませんか?

「頭皮マッサージをしているからそれで大丈夫だ!」と思いますよね。

ではここで少し、なぜ全身の血行促進なのかを説明しますね。頭部はご存知のようにカラダの末端、すなわち心臓から1番遠いところにあります。

まず、カラダは血液にのって栄養が届けられます。もちろん髪の毛も同じです。

そして、その血液は心臓からのポンプ作用でカラダに送られるのですが、血行不良であったり、血液がドロドロの状態では、手足や頭部にまでなかなか血液が行き渡りません。

そうなると、必要な栄養素や酸素がしっかりと頭部まで届けられなくなるのです。

せっかく、薄毛に効果的な食品やサプリメントを摂取しても、これでは意味がありませんよね。

そこで、有酸素運動をして血行促進し、頭皮の毛細血管まで栄養を届けようというわけなのです。

その2. DHT(ジヒドロテストステロン)を体外へ排出できる

2つ目の理由は、薄毛の原因であるDHTを有酸素運動によって、汗とともに排出できる点にあります。男性ホルモンの1種であるDHTは筋肉を作り、行動力を生み出すために必要な物質ではあるものの、抜け毛を増やす原因にもなっています。

有効な対策として有酸素運動を行うことで、DHTを汗と共に体外へと放出することができます。DHTを作る元になるテストステロンも減らせるため、薄毛の予防に効果が出るという訳です。

その3. ストレスの解消

有酸素運動によって体を動かし、達成感を得ることでストレスの解消にもつながります。実はストレスを感じることで体内の血管が収縮し、血流を悪くしてしまいます。

血液が頭皮まで循環しにくくなると、毛髪は成長せずに抜け落ちてしまうため、これを防ぐ意味でもストレス解消が非常に効果的というわけです。

AGA(男性型脱毛症)に効果的と言われる有酸素運動3つ

AGA(男性型脱毛症)に効果的である有酸素運動。気軽に実践できるオススメの3種類を紹介します。

・ジョギング
・ウォーキング
・水泳

ジョギング

AGA対策としてはもちろん、体脂肪の燃焼促進・ダイエットにも効果的と言われているジョギング。気軽に始められる有酸素運動としてオススメです。ジョギングはできるだけ、1回につき20分以上を行うようにしましょう。いきなり全力で走ろうとしても疲れてしまい長続きはしません。

そのため、最初は自分のペースで走っていくのがよいでしょう。ウォーキングからはじめてジョギングにつなげていくのもよさそうです。

ウォーキング

ウォーキングも有酸素運動としてAGAの予防に効果的です。ジョギングと比べると運動量が少ないため、効果としては少し劣るかもしれないですが、気軽に始められて膝への負担が少ない点が魅力です。

ジョギングと同様、20分を目安に早歩きをしてみましょう。散歩コースを定めて歩くことで、健康的にもなりますね。ウォーキングやジョギングをする時間帯としては、涼しい朝方がよいでしょう。日光を浴びることで体内時計のリセットを兼ねて、調子のよい1日を迎えられます。

通勤中に1駅手前で降りて、少し早めに歩くことも意識していくといいでしょう。

水泳

有酸素運動として水泳もオススメ。温水プールなら年中利用できるため、仕事終わりや休日などに利用してみましょう。平泳ぎやクロールによって効率的にカロリーを消費でき、AGAの原因であるDHTの排出や血流の改善につながります。

どうしても足腰に負担がかかりやすいジョギングに比べて、浮力によって支えられる水泳なら体への負担も少なくてすみます。全身を動かすために心地よい疲労感も味わえ、ストレスの軽減にもつながるでしょう。

泳げないという人は、水中を歩くだけでも水の抵抗によってエネルギーを消費できますよ。

おわりに

AGA (男性型脱毛症)に悩んでいる人は、少し体を動かす習慣をつけることで、予防につなげられる可能性が高まりますよ。

薄毛の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の排出と減少により、抜け毛を防ぎやすくなります。有酸素運動による血流の改善やストレスの発散も、薄毛対策に効果的です。

規則正しい食生活と合わせて、ジョギングなどの有酸素運動を組み込んでみてください。