ノンアルコールの育毛剤が薄毛ケアにおすすめである3つの理由

ノンアルコールの育毛剤が薄毛ケアにおすすめである3つの理由
現在ほとんどの育毛剤には「アルコール」が含まれていることをご存知でしたか?

では、なぜ育毛剤にアルコールが含まれているのでしょうか?

それは、生薬由来の有効成分の劣化防止など製品としての品質維持の効果。

また、頭皮にある皮脂を溶かす効果があるため、毛穴から有効成分が浸透する作用を生み出すなど、明確な役割を果たしています。

ところが、体質的に頭皮が弱い人や頭皮の状態によっては、アルコールによる強い刺激が頭皮にダメージを与えるリスクもあるのです。

そこで最近注目を集めているのが「ノンアルコールタイプ」の育毛剤

このように、アルコールにはメリットとデメリットがあります。

それでは、アルコールが頭皮へ与える問題点と、育毛ケアとしておすすめである理由について考えてみましょう。

アルコール成分を含む育毛剤の不安要素

薄毛を気にしている人

育毛剤に含まれている成分は、インターネットで商品を販売している公式サイトを見れば誰でも簡単に知ることができます。

ここでアルコールを含む代表的な成分の簡単な知識とともに、アルコールによる頭皮への影響を具体的に見ておきましょう。

代表的な育毛剤に含まれるアルコールは下記の4つです。

・エタノール
・ジプロピレングリコール
・イソステアリルアルコール
・パントテニルエチルエーテル

では、1つずつ特長について確認をしていきましょう。

まずエタノールは、酒の主成分としても知られています。水や油に溶けやすく殺菌効果もあり、多くの育毛剤に使われています。

冒頭にもあったように、頭皮に付いた皮脂を溶かし、雑菌繁殖を抑える効果が期待できるのです。

続いてジプロピレングリコール。ジプロピレングリコールは保湿効果が期待できることから化粧品にも使われ、頭皮に与える刺激が少ないと言われています。

そしてイソステアリルアルコールは植物由来成分を原料に作られ、化粧水やトリートメントなどの有効成分として使われているのが特長です。

パントテニルエチルエーテルはビタミンの一種で、育毛剤や化粧品などにも使われています。

細胞の新陳代謝を促す働きもありますが、殺菌効果もあるため他のアルコールと同様刺激が強すぎると逆に毛乳頭細胞の死滅につながるリスクも指摘されています。

アルコールの特長は以上となります。何度もお伝えしているように、アルコール成分を含む育毛剤は頭皮に刺激を与える可能性があるのです。

そして薄毛を引き起こす原因のひとつとして、アレルギー体質を含む敏感肌であることも大いに影響していると考えられます。

そのため、とくに抜け毛の症状が進んでいる頭皮には、できるだけ刺激を与えない優しいケアを考えてあげる必要があるのです。

頭皮へ与える刺激が強いと育毛は逆効果に

アルコールは「血行促進効果=育毛効果」があると言われていたこともあります。

確かに適量のアルコールを飲めば血行促進効果は得られますが、塗布による効果は認められていません。

有効成分の働きによって血行促進につながる育毛剤が多く登場し、「アルコール塗布による育毛効果」という考え方は否定的になっています。

しかも、薄毛の症状が進んでいるときには頭皮のバランスが崩れ、痒みなどの症状から頭皮に引っ搔き傷があることも予想されます。

そのためアルコールなどの強い刺激は、育毛の逆効果につながりかねません。

頭皮が乾燥しやすく保湿バランスが崩れる

アルコールは高い揮発性があります

そのため頭皮にたっぷりとアルコール成分を含む育毛剤を塗布すると、刺激的な香りや頭皮の爽快感を味わうことができるでしょう。

ですが、揮発性により頭皮の水分が蒸発するとき気化熱によって熱を奪われるため、頭皮の乾燥を招いてしまいます。

アルコール成分は清潔を保つ反面で皮脂を溶かす作用があるため、短時間で強制的に頭皮の保湿バランス変化をもたらすため注意が必要。

頭皮が乾燥して潤いと保湿のバランスが崩れると、かぶれが起きて乾いたフケが大量に出ることがあるのです。

頭皮の状態が悪くなると、抜け毛が目に見えて増える可能性があります。

ノンアルコールの育毛剤が薄毛ケアにオススメな3つの理由

育毛ケアにはノンアルコールの育毛剤がおすすめ
育毛剤に使われるアルコールは、化粧品にも使用される安全なものです。

これには「殺菌」など頭皮環境の悪化を防ぐ効果もあります。

しかし、「頭皮環境が悪化したために抜け毛が増え薄毛が進行している」ことは事実なので、抜け毛を減らす即効効果を生むためには「頭皮環境の改善」が第一に求められるのです。

そして第二は、「血流促進による発毛」ですが、血流促進も頭皮を改善させることが基本となります。

そこで刺激の強いアルコールではなく、有効成分の働きで頭皮改善効果を高めるために、刺激を抑えたノンアルコール育毛剤が注目されるようになりました。

ノンアルコールの育毛剤が、薄毛ケアにおすすめだと言える「3つの理由」をまとめてみましょう。

1. 育毛剤の品質保持の影響を考える必要がない

育毛剤には、5αリダクターゼの働きの阻止や頭皮の保湿、血流促進などに効果が期待できる生薬由来成分がたくさん含まれています。

生薬由来成分は、一度ボトルを空けると劣化が始まるものです。

劣化はボトルを空けて通常1か月〜2か月と言われており、アルコール成分はボトル開封後の劣化を遅らせるために含まれています。

しかし、育毛剤は基本的に1か月で使い切る容量のボトルが採用されています。通常のペースでしっかりと塗布しながらケアをすれば、使い切るまでに有効成分の品質劣化が生じる心配は必要ありません。

2. 頭皮に与える刺激が少ないから短期集中ケアができる

ノンアルコールの育毛剤に期待する重要なポイントに「頭皮への刺激がない」点があります。

もし、指先に切り傷があって、そこにアルコールを含むガーゼを当てたとします。

「刺激」を感じますよね?

指先だと部分的な刺激ですが、頭皮は全体がダメージ状態にあります。

そのダメージは、傷だけではありません。

血流不足で栄養分が届いていないために部分的に軽いコブのような状態になっている可能性もあります。

また保湿バランスの崩れも考えられます。

アルコールがこうした顕著なバランスの崩れを整え、頭皮を改善するとはとても考えられません。

その点ノンアルコールの育毛剤なら、アルコール成分による刺激が少ないため、特に抜け毛が多いときは「生薬由来の有効成分」に注目して1本の育毛剤を短期間で使い切る集中ケアがオススメです。

3. 細胞分裂への悪影響を抑え有効成分の働きにつながる

頭皮が弱るとバジル領域で作られる「幹細胞」が減るのに、さらにアルコールの悪影響で、毛乳頭では毛母細胞の死滅につながるという可能性が指摘されています。

アルコールは消毒など医療にも使われ育毛にも効果がありそうだと考えてしまいますが、確実な効果を生み出しているのは「生薬由来の有効成分」ということは明らかです。

アルコールのリスクをなくし、有効成分による効果を高めれば早い改善効果が期待できます。

おわりに

頭皮はとてもデリケートです。

しかも、頭皮を守るはずの皮脂も、熱や紫外線、ホコリや汚れなどの生活環境の中で、時として雑菌の繁殖を招くなど、一度バランスが崩れると外部環境の影響も受けやすくなります。

とくに抜け毛が多いときは、「バランスが崩れている状態」です。早期回復のためにも、「刺激が少なく」「自分にあう有効成分を含む」ノンアルコール育毛剤を選んで集中ケアを試しながら、症状改善につながる自分スタイルのケアを確立させましょう。

ノンアルコールの育毛剤として、当サイトではBUBKAをおすすめいたします。ノンアルコールの育毛剤に興味がある方は、下記の商品詳細、またはBUBKAの公式ページをぜひご覧ください。

BUBKAの詳細ページを見る BUBKAの公式サイトを見る