若ハゲ対策は早めに!原因・予防策を解説

女性が若ハゲ男性を見ている

「まだ20代なのに髪が薄くなってきた…」こんなように、若ハゲに悩む10代20代が急増中。その理由を探ってみると、現代社会特有の悩みにありました。今回は若ハゲを予防するために、簡単にできる対策方法を紹介。

若ハゲに悩む人が多い

働き盛りの20代。たくさんおしゃれをして女性にモテたいと思う年頃でもあるわけですが、それゆえ気になって仕方がないのが若ハゲ。

とある調べによると、女性が恋愛対象にしたくない男性の特徴として、1位の肥満、2位の低身長に続き、ハゲが堂々の3位にランクインしていました!

若ハゲとは別名「若年性脱毛症」

女性からのイメージが悪く、結婚できるかどうかにも関わると言っても過言ではない若ハゲ。この症状は別名「若年性脱毛症」ともいい、通常のハゲとやや異なります。

多くの場合は30~40代になって後頭部やこめかみなどから薄毛が進行するものですが、若ハゲはとくに決まった進行具合がありません。

若ハゲ予備軍かも?そのヤバイ原因

今はまだ自覚のない人でも、将来的に若ハゲにならないという保障はありません。現在進行中の人はもっと悲惨です。まずは、若ハゲになりやすい5つの原因について見ていきましょう。

若ハゲの原因その1. ストレス

大学や社会人になると、それまでとは生活のパターンが異なってきますよね。その中で感じるストレスも、若ハゲの大きな原因の1つです。人間関係での不安や仕事での失敗など、ストレスが積み重なることで毛細血管が収縮してしまいます。

結果として、毛髪へ血液が供給されにくくなり、若ハゲを発症してしまうのです。

若ハゲの原因その2. 食生活

2つ目の原因は乱れた食生活です。忙しいからとジャンクフードばかり食べていると、栄養素が偏ってしまいます。

炭水化物や脂質の多い食事ばかりを摂っていると、たんぱく質やビタミンといった髪を作るために重要である栄養素が不足しがちとなるため意識が必要です。

若ハゲの原因その3. パーマや髪を染める行為

異性にモテたいからと茶髪に染めてみた、パーマをかけたみたという経験はありませんか?これらの行為も頭皮に大きなダメージを与える原因に。

とくに何度もカラーリングを行っていると、毛根へ与える影響も深刻なものになるでしょう。

若ハゲの原因その4. 男性ホルモンの異常分泌

若ハゲの外的要因における最大の原因は、男性ホルモンの異常分泌。男性ホルモン由来の酵素が毛乳頭細胞に結合すると、大変です。毛髪の成長を抑える働きや、皮脂が分泌されやすくなるなど、ハゲてしまう条件が整ってしまいます。

若ハゲの原因その5. 遺伝

5つ目の原因は逃れられない運命!すなわち遺伝。ハゲの遺伝子は「伴性優性遺伝」という形で母方から受け継がれていきます。

つまり、母方の祖父がハゲていた場合、自分も高確率でハゲてしまう可能性が高いということです。

ハゲてきたと感じたら…どうする?対策方法5選

上記で説明した5つの原因によって、若ハゲが起こる可能性は高まります。遺伝によるものは避けられないとしても、ハゲる時期を遅らせることは十分に可能ですよ。若い今だからこそ、しっかりと対策をして将来に備えていきましょう。

薄毛用のシャンプーを使おう

男性の生活習慣イラスト

毎日お風呂で髪を洗いますよね?その際のシャンプー選びも若ハゲ対策に重要です。市販のシャンプーを適当に選んで使うのではなく、育毛成分を含んだシャンプーを使用することをおすすめします。

お値段は少し高めになるかもしれないですが、頭皮へのメンテナンスだと思って割り切りましょう。植物由来のものや、石鹸系の育毛シャンプーはいかがでしょうか。

育毛剤の使用もオススメ

育毛剤の使用も若ハゲにとても効果的。とはいえ、育毛剤と聞くと40代以上のおじさんが使うイメージがあるかもしれません。ですが、若いころから使い続けることは若ハゲ予防として大事です。

痛んだ頭皮をケアするために、薄毛用の育毛シャンプーを使いましょう。その後で育毛剤を併用してください。育毛剤を使用する前はパッチテストを行い、皮膚が荒れたなど少しでも異常を感じたら、すぐに使用をやめて医者に相談しましょう。

ストレス解消を行う

若ハゲの原因であるストレスを取り除くことも、立派な対策法です。学校でうまくいっていないのであれば、サークル活動やアルバイトなど、別の環境で自分の居場所を見つけるなどで心にかかる負担を少しでも解消。

新社会人として仕事で苦しんでいるのであれば、業務内容の改善を行いつつも、社外で楽しめる時間を作ってみてください。たとえば社会人サークルなどに参加すれば、充実した休日を楽しめるようになりますよ!

ライフスタイルの見直し

抜け毛が多い、M字ハゲが進行してきたなど、最近ハゲてきたと感じているのであれば、生活習慣を見直しましょう。食事が不摂生になってはいませんか?

インスタント食品やファーストフードなどばかりではなく、きちんとバランスの取れた栄養素を摂りましょう。

適度な運動と睡眠

食生活と合わせて改善したいのが、運動不足です。体を動かすことで代謝が促進され、血行もよくなります。そうすれば、頭皮にも血液が流れやすくなり、頭皮に必要な栄養分を届けられるようになるでしょう。

そして運動後は、しっかりと睡眠をとるのもコツ。運動を行い、睡眠をとることで成長ホルモンが多く分泌され、若ハゲ予防に効果的と言えます。

若ハゲ対策は早めに行う!頭皮をいたわり食生活も見直していこう

若ハゲに悩んでいる男性は多くいます。若ハゲになる原因の多くは、生活習慣の乱れによるものです。なるべくなら、中年になるまでハゲないように頑張りたいもの。

そのためにも日頃から頭皮をいたわり、食生活など、生活習慣を見直していきましょうね。