育毛に効果あり!ノコギリヤシに期待できる効果と副作用

薄毛に効果があるというノコギリヤシの効果や副作用

育毛剤やサプリメントなど、薄毛対策を目的とした商品はたくさんあるけど、副作用が気になる…。このように思われる方も多いでしょう。

そこで今回は、天然植物由来の成分で治療用医薬品成分として、多くの国で認められているノコギリヤシについて紹介をします。
薄毛対策の有効成分として、育毛剤や育毛サプリメントにも含まれることが多いノコギリヤシ。男性だけでなく女性の間でも何かと話題になっています。

薄毛改善を目指すのであれば、ノコギリヤシ成分の知識をおさえておいて損はありません。

3分程度で読める内容です。サクッと確認をしておきましょう。

[chat face=”girl1.jpg” name=”ひかり” align=”right” style=”type1″]ねぇねぇ先生、ノコギリヤシって薄毛に効果あるって本当?[/chat] [chat face=”boy.jpg” name=”ひかる” align=”right” style=”type1″]ノコギリって名前だけ聞くと危ない気がするけども…[/chat] [chat face=”ataru.jpg” name=”【毛髪診断士】あたる先生” align=”left” style=”type1″]それではこれから説明をしようかの。フォッフォ、フォッフォ[/chat]

ノコギリヤシの基本情報

ノコギリヤシは「ノコギリ」と名が付いているように、葉っぱがギザギザしているのが特徴的

冒頭に表示されている画像を見ていただけると、ノコギリヤシのイメージがつかめると思います。

このノコギリヤシは米国東部原産のヤシで、その地の先住民が薬用や健康目的のために用いてきたと言われています。

前立腺肥大の薬として広く利用されるようになった

その後ノコギリヤシはヨーロッパで、民間療法のひとつとして前立腺肥大の薬として広く利用されることとなりました。

利用方法は、ノコギリヤシの実をつぶして乾燥させて錠剤やカプセルに詰めるなどがあり、近年では抽出液やお茶としても市販されています。

そしてヨーロッパだけでなく日本でも、頻尿や精力減退で悩む男性を中心に「手軽に対策ができる」としてノコギリヤシサプリメントが人気となり話題を集めました。

近年では様々な研究が進み、育毛促進が期待できるとしてさらに注目が集まるようになりました。

ただし厚生労働省は科学的根拠が得られていないと発表

ノコギリヤシは、主に前立腺肥大の薬として広く利用されてきたと前述しました。

厚生労働省によると前立腺肥大症状の治療に有効である可能性が示唆されているものの、2011年にアメリカ国立補完統合衛生センター(NCCIH)が共同で行った試験では、プラセボ(※)と同等の効果しかないと結論が出されています。

[chat face=”ataru.jpg” name=”あたる先生” align=”left” style=”type3″]※プラセボ効果の説明をしよう〜[/chat] プラセボとは、有効成分を含まない(治療効果のない)薬のことであーる。

たとえ有効成分が入っていないとしても、「薬を飲んだから安心」と心の負担軽減され、心理的作用が働くことで効果を表す場合がある…。

これがプラセボ効果です。

あなたも具合が悪いとき、薬を飲んだだけで「安心した」という経験ありますよね?

[chat face=”girl1.jpg” name=”ひかり” align=”right” style=”type1″]たしかに風邪ひいたときなんか、薬を飲んだだけで安心することあるかも[/chat] [chat face=”boy.jpg” name=”ひかる” align=”right” style=”type1″]なるほど、プラセボ効果か…[/chat]

 

日本国内ではノコギリヤシ成分をもつ認可薬がまだない

ノコギリヤシはここまでの説明のように、治療用の医薬品成分として多くの国で認められているほか、育毛促進ができると注目を集めています。

ですが、日本国内ではノコギリヤシの有効成分をもつ認可薬がまだない!というのが現状です。

とはいえ、天然成分で厚生労働省からも前立腺肥大の治療に有効可能性と示唆されていることもあり、日本でも認可される日が期待できると言えます。

[chat face=”ataru.jpg” name=”あたる先生” align=”left” style=”type1″]今後に期待じゃ[/chat]

ノコギリヤシの薄毛に対する効果

ノコギリヤシの基本情報についてお伝えしてきました。

では、今回の主題であるノコギリヤシが薄毛対策としてどのように効果があるのかを確認していきましょう。

抜け毛の原因である男性ホルモンDHTを抑制させる働き

ノコギリヤシの実は多くの脂肪酸を含んでいるのが特徴で、これこそが有効成分です。

この有効成分は、男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制させる働きがあります。

DHTは抜け毛の原因とされているため、いかに生成を防げるかが薄毛対策に関わってくるのです。

AGAの原因物質である5αリダクターゼを抑制させる働き

男性ホルモン一種であるテストステロンを、AGA(男性型脱毛症)の原因物質であるジヒドロテストステロンへと変化させてしまうのが「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素。

5αリダクターゼがジヒドロテストステロンに変化をすると、毛根を萎縮させるパワーが通常の男性ホルモンと比べ数十倍に及ぶと言われているため、薄毛対策をする上では5αリダクターゼを抑制することを避けて通れません。

[chat face=”boy.jpg” name=”ひかる” align=”right” style=”type1″]カタカナが多くてわかんないけど、ノコギリヤシは薄毛の味方ってことだね?[/chat] [chat face=”ataru.jpg” name=”あたる先生” align=”left” style=”type1″]そういうことじゃ[/chat]

毛根の炎症を抑え頭皮環境を整える効果

抜け毛が起きる原因のひとつとして、毛根の炎症もあがります。毛根が炎症をしていると、髪の毛を育てることができません

ノコギリヤシは炎症を抑え、頭皮環境を整える働きがあるため、育毛・抜け毛に有効です。

ノコギリヤシの炎症抑制の働きは、5αリダクターゼを抑制する作用と同じく海外の研究結果で発表されています。

[chat face=”girl1.jpg” name=”ひかり” align=”right” style=”type1″]ノコギリヤシすごいね。ひかりノコギリヤシのファンになっちゃう(=゚ω゚)ノ[/chat]

薄毛が気になりはじめたらノコギリヤシを使ってみよう

男性が薄毛を気にしている

薄毛対策として運動や食生活の改善などを実践するほかに、ノコギリヤシ成分が含まれたサプリメントの利用も候補にあがります。

世間では、育毛剤やシャンプーといった外的アプローチができる商品に目がいきがちですが、サプリメントを利用した場合はカラダの内側からアプローチをすることができるのです。

たとえば、ノコギリヤシ成分を使った育毛サプリメントでは、下記の「gungun(ぐんぐん)」などがあります。

gungunは3年連続でモンドセレクションを受賞しているほか、副作用がなく男性でも女性でも安心して飲める商品として購入者の満足度も高いです。

gungun(男女兼用育毛サプリメント)の詳細

[chat face=”boy.jpg” name=”ひかる” align=”right” style=”type1″]でもさ先生、ノコギリヤシが薄毛の原因をやっつけてくれるのと引き換えに、大きくダメージを受けてしまうとかないの?[/chat] [chat face=”girl1.jpg” name=”ひかり” align=”right” style=”type1″]副作用のことね…。あたる先生、ひかりもそれ気になる[/chat] [chat face=”ataru.jpg” name=”あたる先生” align=”left” style=”type1″]それではノコギリヤシの副作用について説明をしよう[/chat]

ノコギリヤシで心配される副作用について

厚生労働省は「忍容性が高い」と言っている

厚生労働省によると、ノコギリヤシは多くの人において忍容性(認容性ともいう)が高い(※)と言われています。

副作用の症状例として、胃の不快感などといった軽度の副作用が認められる可能性があるとされています。

[chat face=”ataru.jpg” name=”あたる先生” align=”left” style=”type3″]※忍容性について説明をしよう〜[/chat]

忍容性(認容性)とは、薬を患者へ投与したあとにあらわれる副作用の程度を示したものをいう。

忍容性が高いとは、副作用の程度が比較的軽く、患者が耐えられるレベルとして表されている。

「忍容性が高い」 = 「良い」と認識しておいて問題ありません。対して、忍容性が低いと言われている場合は、副作用が比較的重くなり患者が耐えづらくなると言えます。

[chat face=”girl1.jpg” name=”ひかり” align=”right” style=”type1″]ふむふむ_φ(・_・[/chat]

ノコギリヤシは天然成分であるため副作用はほとんどない!

ノコギリヤシのように、薄毛の原因である5αリダクターゼを抑制する発毛薬として、プロペシアと呼ばれる認可薬があります。

プロペシアは厚生労働省から認可されている唯一のAGA治療薬として、専門クリニックなどで処方されており、効果的と言えます。

ただし、副作用といった面で不安があるのです。

ノコギリヤシの場合、天然成分であるため副作用の心配がほとんどないと言えます。

薄毛の改善を目指す上で、ノコギリヤシ成分を選ぶメリットをあげるとするのであれば、「副作用がほとんどない」部分です。

ただし過剰摂取には要注意

ノコギリヤシは副作用の心配がほとんどないとはいっても、過剰摂取は絶対に避けるべきです。

前述で「忍容性」といった言葉で説明をしましたが、副作用が現れる可能性がゼロなわけではありません。

摂取量が多すぎると、下記のような症状が現れる場合があります。

・胃の不快感
・吐き気
・めまい
・頭痛

育毛サプリメントなどノコギリヤシ成分が含まれた商品を利用される場合には、必ず商品に記載された容量を守るよう徹底しましょう。

[chat face=”ataru.jpg” name=”あたる先生” align=”left” style=”type1″]利用する場合は、絶対に商品で決められた容量を守ることじゃ![/chat]

血液疾患がある場合は、主治医に確認を取ること

ノコギリヤシは血液をサラサラにする作用があり、血液循環を促進させます。

そのため、血液疾患をおもちで、処方された薬を飲まれている場合には、念のためにノコギリヤシを併用して大丈夫かどうかを確認してください。

併用により出血が増える危険性がないとは言えません

[chat face=”ataru.jpg” name=”あたる先生” align=”left” style=”type1″]めんどくさいと思うかもしれないが、必ず確認じゃ![/chat]

「妊娠中」「授乳中」の方は利用しないでください!

ノコギリヤシ成分はこれまでで何度も触れてきたように、男性ホルモンを抑制したりと影響を与えます。

そのため、妊娠中や授乳中の女性はカラダの大事を考えて避けるべきです。

[chat face=”ataru.jpg” name=”あたる先生” align=”left” style=”type1″]絶対に避けるべきじゃぞ![/chat]

おわりに

ノコギリヤシの基本情報に始まり、具体的な効果や副作用について見てきました。

ノコギリヤシ成分は、薄毛の原因である男性ホルモンを抑制できるほか、炎症も抑えるといった特徴があります。

それも、ほとんど副作用がなく安心して利用できるため、大きなメリットと言えるでしょう。

薄毛対策を考えられている方は、ノコギリヤシ成分が含まれた育毛剤や、カラダの内側からケアができる育毛サプリメントを検討してはいかがでしょうか。

[chat face=”ataru.jpg” name=”あたる先生” align=”left” style=”type1″]2人はノコギリヤシの説明を聞いて、どうじゃったかな?[/chat] [chat face=”boy.jpg” name=”ひかる” align=”right” style=”type1″]副作用の心配がなくて、いいことずくめじゃんか![/chat] [chat face=”girl1.jpg” name=”ひかり” align=”right” style=”type1″]ひかりやっぱりノコギリヤシのファンになっちゃうかも*・:.。..。.:*(*゚▽゚*)[/chat]