薄毛と睡眠時間の関係性!夜更かしで髪の毛は薄くなる?

薄毛と睡眠時間の関係性!夜更かしで髪の毛は薄くなる?
ついついやってしまう夜更かし。学生から社会人になっても、このクセは抜けませんよね。

でも、夜更かしのし過ぎで睡眠時間が少なくなると、お肌だけでなく髪にも影響があるって本当なのでしょうか?

今回は、気になる睡眠時間と夜更かしの関係性を見ていきましょう。

[chat face=”boy.jpg” name=”ひかる” align=”right” style=”type1″]あたる先生〜[/chat] [chat face=”ataru.jpg” name=”【毛髪診断士】
あたる先生” align=”left” style=”type1″]おーひかるくん、どうしたんじゃ!今日は1人で来たのかな?[/chat] [chat face=”boy.jpg” name=”ひかる” align=”right” style=”type1″]うん、ちょっと気になることがあって[/chat] [chat face=”ataru.jpg” name=”あたる先生” align=”left” style=”type1″]いったい何が気になるんじゃ?[/chat] [chat face=”boy.jpg” name=”ひかる” align=”right” style=”type1″]今日の話は、先生と俺だけの秘密にしておいてくれる?[/chat] [chat face=”ataru.jpg” name=”あたる先生” align=”left” style=”type1″]もちろんじゃ。深刻な悩みがあるのかのぉ?[/chat] [chat face=”boy.jpg” name=”ひかる” align=”right” style=”type1″]ちょっとしたウワサで、夜更かしをしてると薄毛になるって聞いたんだけど、本当?[/chat] [chat face=”boy.jpg” name=”ひかる” align=”right” style=”type1″]俺ゲームが好きで、毎日夜更かししてるんだけど、将来薄毛にならないか心配になってさ…。[/chat] [chat face=”ataru.jpg” name=”あたる先生” align=”left” style=”type1″]なるほどのぉ、では睡眠時間が薄毛に関わるかどうかを説明しようかのぉ[/chat]

「夜更かし」は髪にとってよくないことだらけ

学生だけでなく、社会人もついついやってしまいがちな夜更かし。深夜は面白いテレビ番組が多く、ネットサーフィンも一番盛り上がる時間帯です。

昼間は仕事で好きなことが制限される分、夜の時間はプライベートに楽しく過ごしたいというのは、ある意味仕方のないことなのかもしれません。

とはいえ、夜更かしのしすぎで睡眠時間が短くなることは、髪にとってよくありません

薄毛の原因となる

夜更かしのし過ぎは翌日に疲れを持ち越すだけでなく、薄毛の原因となります。それは睡眠不足はお肌だけでなく、頭皮や毛髪にとっても大敵だからです。

[chat face=”boy.jpg” name=”ひかる” align=”right” style=”type1″]なんだよそれ、やっぱり夜更かしは薄毛になるんじゃんか[/chat] [chat face=”ataru.jpg” name=”あたる先生” align=”left” style=”type1″]そうじゃ、規則正しく寝て、睡眠時間をしっかりとらないと薄毛に繋がると言えるかのぉ[/chat] [chat face=”boy.jpg” name=”ひかる” align=”right” style=”type1″]ショック…。ところで、夜更かしが薄毛の原因になる理由ってなに?[/chat] [chat face=”ataru.jpg” name=”あたる先生” align=”left” style=”type1″]主な理由は2つじゃ!それではこれから確認をしていこうかのぉ[/chat]

夜更かしで薄毛になる2つの理由

では、なぜ夜更かしが髪にとってよくないのか?薄毛と夜更かしの関連性とともに、その理由を説明します。

人間にとって不可欠な睡眠を夜更かしで削ることで、薄毛を進行させてしまうのです。

理由1. 髪の毛や頭皮が成長しないから

毛髪に限らず、人の身体の細胞は寝ている間に成長しています。しかし睡眠時間が十分にとれていないと、身体の隅々まで栄養が行きわたり難くなってしまうのです。

きちんと睡眠をとらないと成長ホルモンが分泌されにくくなり、栄養が頭皮にまで行きわたらなくなってしまいます。

その結果として髪の成長も阻害されてしまうのです。

理由2. 頭皮が受けたダメージを回復できないから

お肌だけでなく、髪や頭皮も常に外部からの刺激に晒されています。

たとえば夏の強烈な紫外線や冬場の乾燥など、頭皮へのダメージ要因は沢山あることを知りましょう。

規則正しい生活スタイルを保てていれば、頭皮が受けたダメージは回復します。

ですが、夜更かしなど不規則な生活を送っていると、成長ホルモンが十分に分泌されないため、頭皮が受けたダメージを回復できないのです。

[chat face=”ataru.jpg” name=”あたる先生” align=”left” style=”type1″]ひかるくん、急に元気がなくなったが、大丈夫かのぉ?[/chat] [chat face=”boy.jpg” name=”ひかる” align=”right” style=”type1″]夜更かししてたことを後悔してるよ先生…。[/chat] [chat face=”boy.jpg” name=”ひかる” align=”right” style=”type1″]先生、俺どうしたらいいんだろう?[/chat] [chat face=”ataru.jpg” name=”あたる先生” align=”left” style=”type1″]今日からできる簡単なことじゃ!よく聞いておくんじゃぞ[/chat]

薄毛対策として睡眠の質と時間を意識しよう!

ベッドで寝る男性

ここまでのように夜更かしによって睡眠時間が短くなると、薄毛の原因として“頭皮”や”髪質”の悪化が加速していきます。

職業柄、環境にもよりますが、夜は本来ならば眠るもの。

そこで、最近夜更かしをし過ぎていると感じたら、すぐにやめて改善していきましょう具体的には、以下の3つを意識するといいですよ。

なるべく早めに寝るようにする

夜更かしがダメなのであれば、その反対をすればいいだけです。

つまり、帰宅してお風呂に入ったらなるべく早く眠りにつきましょう。

一説によると、毛髪や頭皮の成長や回復に必要な成長ホルモンは、22時から翌2時までの時間帯で活発に分泌されるといわれています。

そのため“早寝早起き”をするという、規則正しい生活スタイルを意識してみてください。

1日6~8時間以上は睡眠時間をとる

続いて意識をするのは睡眠時間です。

日常を送るのに必要な睡眠時間には個人差があり、毎日8時間以上眠らなければ調子が出ない人も居れば、3時間睡眠でも活発に動ける人も居ます。

睡眠時間にこれといった決まりはありませんが、なるべく1日3時間など極端に短い睡眠時間は避けた方がよいでしょう。

そのため、一般的に目安と言われている6〜8時間は寝るようにしたいですね。

ノンレム睡眠時に髪が成長することを知る

睡眠時間は眠りの質とも関係があります。

睡眠には「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」があることが広く知られるようになりました。頭皮の成長・回復に重要なのは、深い眠りであるノンレム睡眠です。

人は眠りにつくと、まず深いノンレム睡眠状態に入ります。

そこから90分ごとにレム睡眠とノンレム睡眠の周期を交互に繰り返すのです。

つまり、質の高い睡眠をとることで、ノンレム睡眠時の成長ホルモン生成を万全なものにできますよ。

[chat face=”boy.jpg” name=”ひかる” align=”right” style=”type1″]メモメモ_φ(・_・[/chat]

夜更かしをしやすい生活習慣を正すために

このように、睡眠時間と薄毛には密接な関わりがあります。必然的に眠っている時間が短くなる夜更かしは、髪にとってよくありません。

そこで、あまり夜更かしをしない生活習慣を身につけることが大切になってきます。

程よく運動をする

とくにデスクワークの人は、日中だとほとんど動くことがないでしょう。

それだとカラダが疲れにくいため、夜になっても眠気が襲ってこない場合があります。

そのため、トイレ休憩や通勤時間、お風呂に入る前を利用して、適度に運動をするようにしてみてください。下記のような簡単なことでも大丈夫です。

・エレベーターを利用せず階段を使う
・電車で通勤中はイスに座らない
・通勤時に一駅分は歩く
・デスクワーク中にカカト上げを行い、ふくらはぎに負荷をかける

などです。

カラダが程よく疲労することによって、スムーズに寝付けます。今日からさっそく試してみましょう。

寝る前の飲食を控える

就寝する2~3時間前になったら、なるべく食事を控えましょう

ついつい甘いものを食べたくなったり、お酒を飲みたくなってしまうかもしれないですが、そこはグッと我慢です。

寝る前に何か食べると胃が活動してしまい、脳まで一緒に目覚めてしまいます。

また、コーヒーなどもカフェインによって脳が活発化するためできるだけ飲まず、水に置き換えましょう。

電気を消したらスマホは見ない

いざ寝ようと思って部屋の電気を消しても、なかなか寝付けない。

そんなときに暇つぶしで始めるスマホいじりもよくありません。

寝る前にスマホの画面を見ると、そこから発せられるブルーライトによって目や脳が刺激されてしまい、寝付きにくくなってしまうのです。

目にとっても非常に悪影響なため、避けるようにしましょう。

厚生労働省が2014年にまとめた睡眠指針として、“寝る前のスマホは避けるべき”と警告されているとして、日本経済新聞でもとりあげられました。

参考:日本経済新聞

おわりに

夜更かしによる睡眠不足は薄毛の原因となります。

そのため生活習慣を正し、寝る前の飲食を避ける、携帯を触らないなどの対策をとりましょう。

深夜番組を見るのが楽しくても、録画予約をして睡眠時間をしっかりとるようにしてくださいね。

[chat face=”boy.jpg” name=”ひかる” align=”right” style=”type1″]やっぱり夜更かしは髪の毛に良くなかったんだ(T ^ T)[/chat] [chat face=”ataru.jpg” name=”あたる先生” align=”left” style=”type1″]そうじゃ、しっかり睡眠時間を確保するためにも、早めに宿題を済ませてゲームはほどほどにの[/chat] [chat face=”boy.jpg” name=”ひかる” align=”right” style=”type1″]わかったよ先生、ありがとう[/chat] [chat face=”ataru.jpg” name=”あたる先生” align=”left” style=”type1″]また何かあったらいつでもおいで[/chat]